日本人の髪の毛はもともと白い・白髪になる原因と予防法

シニアの女性たち

髪の毛は皮膚の下に埋まっている「毛根」で髪の毛の元が作られます。

その時は 白い髪なのです。

そこにすぐに「メラノサイト(色素細胞)」が黒い色素を埋めていくので、髪が黒く生えてくる事になります。

髪の毛を作る場所は毛根の「毛母細胞」という場所です。

その白い髪の毛に色を付けるのは、別のものということです。

髪の毛を生産するときに、色素の細胞だけが弱って色素をつくれなくなってしまった状態が「白髪」で、そしてそのまま生えてくるわけです。

メラノサイト(色素細胞)が弱るわけ

メラノサイトが弱る理由は、 加齢です。加齢によって黒色の色素メラニンを作る力が弱くなるからです。

黒色色素のメラニンは、血液中にあるメラニン細胞刺激ホルモン(メラノトロピン)が、チロシナーゼという酵素を活性化して作られます。

これが毛包の細胞内で集合してメラニン顆粒を作って、黒色に見えるので髪は黒色になります。

黒色の元を作るのは メラニン細胞刺激ホルモン なわけです。

加齢が白髪の原因となるわけですが、20代30代でも白髪が生えてくる人があります。

平均すると白髪の発生は30代中頃からで、ポツポツと目立ちはじめ、年を重ねるごとに徐々に増えていきます。

50代中頃になると髪の半分近くが白髪になるのが平均的です。

白髪になる原因

若くても白髪になってしまう人には、複数の原因が考えられます。

以下原因となるものをみていきます。

栄養不足

髪の毛の元をつくつ毛母細胞、あるいは色素細胞が活発に働くために必要なのは、アミノ酸・ミネラル・ビタミンなどの栄養素です。

これらが不足することで年齢に関係なく、髪を作る機能が低下してしまいます。

ただ栄養を十分に取ったとしても、栄養が毛根に届かなくては意味がありません。

栄養十分にとっていても頭皮の血行が良くないと栄養が供給できないので、栄養不足になるということもあります。

不規則な生活で細胞の動きが制限

髪が成長するのは 夜の 9時から午前2時の時間と言われています。

1日の中で副交感神経が活発になっている時間帯です。

この時間に睡眠が十分に取れていないと、髪の細胞が活発に働けず、夜更かしや十分な睡眠がとれていない場合は、白髪を招く原因となっています。

ストレス

ストレスは髪の生育に強い影響を与えているのがわかっています。

ストレスによって自然治癒力が低下する、あるいは全身の緊張で血行不良になることから、髪への栄養が十分に届きません。

長期間のストレスは白髪の大きな原因です。

病気による白髪の増加

慢性の胃腸疾患、マラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気で白髪が増えることがあります。

また薬の副作用で白髪になることもあります。

短期間(数ヶ月)という期間で急激に白髪が増えた場合に、これらの疾患が考えられます。

遺伝

はっきりと解明されているわけではありませんが、白髪は遺伝の影響も大きく受けているといわれています。

以上のうち複数の原因によって、白髪が生える時期が早まる、白髪が増えるなど進行が進んでいるわけです。

アミノ酸のチロシン不足が白髪を増やす

黒い色素の正体は。髪の毛を構成している18種類のアミノ酸の中の一つのチロシンが、チロシナーゼという酸化酵素によって 褐色のメラニン色素に変わったものです。

チロシナーゼと酸化酵素が働くためにはミネラルのひととつ「銅」が必要になります。

アミノ酸の一つチロシンは、髪の黒の色を作るのに絶対不可欠なものです。

タンパク質の不足もさることながらこの銅の不足が白髪の原因と考えられています。

銅(ミネラル)を摂取できる食品

白髪を予防するために必要な銅(ミネラル)は、体内で作り出すことができないので食品として食事として補うことが欠かせません 。

銅を多く含む食品には、豆類種類をはじめ穀物芋類などに含まれています 。

特に食べたい食品に、海藻やキノコ類があります。

干しのり、アオノリ、味つけのり、ひじき、干ししいたけ、ほんしめじなどです。

玄米で和食を心がける食生活で、これらのものを取りやすいメニューにするのがおすすめです。

きちんと食事していても ミネラルが不足する理由

銅をはじめとするミネラル類が現代の食生活では不足していると言われています。

その理由のひとつに、「現代の食生活事情」があげられます。

現代の「高脂肪高カロリーの食事」「インスタント食品や加工食品を多く利用する食事内容」では、バランスの良い栄養摂取ができていません

体内のミネラルバランスが乱れているとも言われています。

2つ目の理由ですが 、畑の土壌のミネラルが減少していることが あげられます。

野菜や果物や水にミネラルを提供するのは土(土壌)ですが、 戦後になって化学肥料や農薬、除草剤などが大量に使われてきましたので、土壌のミネラルのバランスが 大きく変化しました。

また酸性雨によって土壌中のミネラルが流出して減っていきました。

昔に比べると土壌のミネラルの量は大きく減っています。 そこから採れる野菜や果物もミネラルの少ないものになりました。

3つ目の理由は、品種改良、遺伝子組み換え、幼虫対策、収穫量の確保などのため、作物の栄養価が変わってきました。

栽培方法も本来の生育環境と異なる方法が取り入れられていますので、今後も栄養価が増してくとは考えにくいです。

不足はどうする

以上のことを考えると、銅をはじめとしたミネラルの摂取、十分な栄養はいくら食生活に気を使ってもむつかしいのではないかと思えますね。

栄養価の高い玄米を主食として、 遺伝子組換えのない 農薬を使わない食品を選んでいくようにしたいものです。

また栄養素の補給としてサプリメントを考えてみるのも良いかもしれません。

ただ 内容は吟味してください。胴を摂取できてさらにその吸収を促す成分も入っていることが肝心です。

白髪のお悩みはすぐには解決できなくても、不規則な生活習慣を改めたり、ストレスを極力減らすなどすれば、時間はかかってもよい方に向かっていきます。